在来軸組工法+耐震パネル

私は在来軸組工法が好み

様々な工法はありますが、私はこの工法が気に入りました!

とてもしっかりしており長年にわたり愛される工法です。

(以下、PRを含む内容になっています)

国内の気候・風土に合う日本古来の伝統工法

在来軸組工法は、柱・梁・筋かいなどの木材を組み上げて建物を支える日本古来の伝統的な工法です。日本の気候・風土に合っている点が大きな特徴であり、また、室内空間においては設計自由度の高さが挙げられ、フレキシブルなプランニングを可能にします。

やまぜんホームズ様HP引用

耐震パネル

飛行機も「モノコック構造」になります。とても軽くて強度があるのです。

(やまぜんホームズ様HPからイメージ引用)

 

この方法を住宅に応用したようですね

パネルをはって面で支えるだけで大きな強度を得られるようです。

私の中では最強でした

もっと予算があればそれなりの工法もあるかもしれませんが、コストパフォーマンスが高いこの工法でじゅうぶんではないかと私は思いました。

住んでみて素晴らしい性能だと実感しました。台風でも全く動じないし、何度かの軽い地震にも動じない。揺れないのです。軽いし、強い。これで問題はまず生じないでしょう。子供たちは台風は怖がりますがこの工法なら問題ないのではないでしょうか。

タフテクス工法

現在のやまぜんホームズ様HPには「在来軸組工法」+「耐震パネル」の工法を「タフテクス」と記載があります。

ちなみに、私の場合はHEIG(イシンホーム)の標準装備でこの工法になっていました。基本的には変わらないものだと思っています。(今はイシンホームに加入していないと思われます)イシンホームは全国の工務店の住宅研究会です。

桧の柱なら、シロアリに強いのでより安心。
桧を貼り合わせた柱はソリにくく強度的にも良いと私は思います。
最新情報をチェックしよう!
>バランスがいい

バランスがいい

いくら安いからって質の悪い家だと後悔するだけ。大切な家族のために本当に良い家はコスパの良い家でなければならない。将来絶対に家族のためにお金が必要になる。そんな時、やまぜんホームズにして良かったと言えるはず!

CTR IMG